ICタグ 情報管理システム

ワイヤレスで使える魔法の名札

ゴマ粒大のICチップを利用した無線ICタグ(Radio Frequency Identification、RFID)。1ミリ以下の小さな集積回路=ICチップと、金属のアンテナが組み込まれた荷札=タグのことです。

ICに情報を保存し、搭載したアンテナを通じてリーダーやライターでその情報を読み書きすることができます。

バーコードに比べ多量の情報を記録でき、さらに記録した情報を読ませるだけでなく、書き換え、繰り返しの利用も可能です。

発想を形にするシステムをご提供

ICタグによる情報管理は、物品や資産、生産履歴や入退館管理など、生産業務からオフィスワーク、消費者生活まで、幅広いステージに応用の場を見つけることができます。弊社では、このICタグの可能性に着目。一般・企業問わず、無料でご利用になれる、ICタグ情報検索サイト「EZ TAG」を企画・開発しました。

ICタグを利用したサービスや、管理業務に関するシステム開発をお考えなら、ぜひ弊社にご相談ください。案件の大小にかかわらず、ノウハウを活かして最適なソリューションをご提案いたします。

EZ TAGをもっと詳しくみる